デイユース 民泊 の目次

  1. デイユース 、時間貸しの利用も急増している民泊
  2. 民泊物件のコーディネートはどうするのか?

デイユース 、時間貸しの利用も急増している民泊
デイユース にも使える民泊・簡易宿泊所を作ることは可能か?

シェアリングサービスとよばれる、
サービスは車や、住宅(民泊)など拡大しております。

住宅に関しては、
airbnbや、agoda、booking.com、自在客、tujia、
そして、楽天トラベル、楽天ライフルステイ、

と、バリエーションが豊富になってきてます。
当然、どれか一つだけでなく、
併用している方も多いかと思います。

上記は、宿泊利用がメインですが、
時間貸しという選択肢もあります。

それは、「スペースマーケット」です。

スペースマーケットでも、
宿泊利用の募集も出来ます。

詳細は、コチラをご覧ください。
「“シェアリグサービス” も規制の対象に。
民泊以外にスペースマーケットも」

宿泊利用者で常に満室、
というのが望む経営ですが、

必ずしもうまくいくとは限りません。

予約と予約の隙間も生じます。
2~3泊あるいは、一週間など、

連泊利用者が多い地域や施設なのに、
1日だけ予約が空いてしまった。
など。

そういった時間を補えるのが、
時間貸しです。

時間貸しも考えて、
内装、インテリアを決めるというの、
必要な思考の一つです。

ビジネス利用なら日帰りで見込めそうなのに、
エスニック仕様にしてしまったら、
会議、打合せなどでは使いにくくなります。

ご年配の主婦などの利用が見込めそうなのに、
西海岸風というのも、
なにか違う気がします・・・。

もちろん、異質な組み合わせが、
思わぬヒットを生むこともあるので、
一概に言えませんが。

その他、さらに最悪の場合、
シェアハウスや、普通の賃貸なども想定して、
物件作りをする必要もあるかもしれません。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

民泊物件のコーディネートはどうするのか?

民泊の管理会社(代行業者)が、
殆どの場合、内装のセッティングも行ってくれます。
そういうサービスを頼むのも一つの手です。

家具屋、あるいはリフォーム屋に
個別に相談してもいいでしょう。

これらの場合、
しっかり打合せをすれば、

好みの家具、インテリアで用意してくれます。
プロが選ぶのでほぼ間違いない仕上がりになります。

配送から組み立てもセットで、
一日で仕上げてしまうので、

自身で組み立てる手間もかかりません。
その分、お値段は、それなりにします。

では、ネットショッピングなどで、
気に入った商品を買い集めるというのはどうでしょうか。

安くて、気に入った商品を見つけられます。
最初は良いですけど、

だんだん、値段とデザインを検討しながら、
いろいろな商材を見ていきますと、

飽きてくるというのもありますし、
頭が混乱します。

費用とデザインのバランス、
そして機能性。

買い忘れはないか、
全体的なバランスはどうか、
大きさはどうか?

などなど検討することが沢山あります。

そこで利用を検討したいのが、
住宅情報を多数扱う、
LIFULLが運営する、「LIFULL インテリア」です。

ある程度の、カテゴリ分けされてますので、
統一感を失うことなく、
家具選びができます。




あるいは、こんな感じで。


パッケージ販売ではありませんので、
こちらを参考にしながら、

ヴィンテージ風なのか、ホテルライクなのか、
アウトドア風など選んでいけば、
きっと素晴らしい仕上がりになります。

ご予算と、自分で組み立てる時間があるか、
あるいは、開業まで間に合うか、

などで、ご自分でお好きなスタイルで、
デイユースも考慮した物件づくりをしみてください。

民泊・簡易宿泊所をやるなら英語はコレで決まり!

民泊・農家民泊人気ランキング 第一位!
にほんブログ村 旅行ブログ 民泊・農家民泊へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です