民泊とは の目次

1.民泊とは 貴重な体験・時間を生み出す仕組み
2.まだ大掃除しているのですか?
3.セカンドハウスが実質無料?外国人は買っている。

民泊とは 住宅をキレイに上手に活用・取得する手段

民泊とは 貴重な体験・時間を生み出す仕組み

世に一般的に民泊というのは、
当初、一般家庭の空いてる部屋、

あるいは、使わない期間に家を、
旅行者などに貸し出すものでした。

それがいま日本で多いのは、
投資目的として民泊運営することです。

ですから、当サイトで民泊という場合、
旅館業の簡易宿泊所の許可を取得した一戸建住宅なども、
「民泊として」表現しております。

民泊は、ゲストと呼ばれる旅行者が、
現地の一般的に住宅に滞在という、
貴重な経験を体験できるとともに、

ホストと呼ばれるオーナーや家族も、
旅行者との交流や、

宿泊の対価を頂戴して、
ご自分の家の家財調達、メンテナンスができます。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

まだ大掃除しているのですか?

何かと忙しい年末。
面倒なことの定番は何かといえば、
「大掃除」ですね。

年末に、費用をかけずに、
大掃除しなくてもいいとしたら?

それが、可能なのが民泊なのです。
民泊を運営するということは、

予約状況によっては、
日々、お客さんがきます。

そのときに、汚いと恥ずかしいですよね。
もちろん、一般的な家庭として、
開き直ることもできますが、

やるからには、
キレイなお家にお迎えして、
良いレビューも頂きたいのではないでしょうか。

そのために、日々のお掃除にも力が入りますし、
余計なものも買わない、置かなくなります。

年末に、大掃除でないている方、
衆人環視のツールとしての民泊、
検討してみてはどうでしょうか。

セカンドハウスが実質無料?外国人は買っている。

日頃からきれいに使うようになり、
不要なものを購入しなくなるだけで、

大掃除の時間も削減されますし、
衝動買いや、積読のように、
「いつか使う」などというように、

一体、いつ使うのか分からない
出費も削減されるようになります。

それだけで、大いにメリットが在るのですが、
そのほかにもメリットがあります。

それは、住宅(物件)が利益を生むこと。
立地や、やり方によっては、

借入の支払い以上の売上または、
利益を上げることが可能です。

地域によっては外国人が不動産を購入してます。
単純な投資の他にも、

日本に来た時の住まい、
まさにセカンドハウスという用途で、
購入している方もいます。

日本人も本拠地の他に、
日本国内でセカンドハウスが、
多くの人に可能となってきてます。

民泊・簡易宿泊所をやるなら英語はコレで決まり!

民泊・農家民泊人気ランキング 第一位!
にほんブログ村 旅行ブログ 民泊・農家民泊へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です