民泊管理 の目次

1.民泊管理次第で大きく変わること
2.専業の線引とは?
3.airbnbショックを切り抜けろ

民泊管理 は「専門」業者に任せれば安心できるのか?

民泊管理 次第で大きく変わること

いろいろ騒がれている民泊、
あるいは簡易宿泊所です。

問題となっているのは、
許可を得ずに行っている物件で、

許可を取得していたり、
住宅宿泊事業の届出をしている物件にとっては、

誤解を恐れずに言えば、
いい迷惑です。

周囲から白い目で見られたり?
ゲストからは、

「おまえのところは、大丈夫か?」

と、問い合わせが来たり。

申請はもちろん、
管理も専門業者にお願いしておけば、
しっかり対処してもらえます。

宿泊業は基本的に、
施設をキレイにして、

正直にネットに載せれば、
オーバーブッキングしないかぎり、
クレームになりにくい商売です。

抑えるところは抑えるため、
自分の管理の行き届かないところは、
専門業者と力を合わせましょう。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

専業の線引とは?

専門業者といっても、
どこで区分け、線引するのか。

というのが重要になってきます。

メールや、清掃など、
その仕事で線引するのか。

あるいは、
民泊・簡易宿泊所関連の、
一連のサービスを提供している、
専門業者と提携するのか。

清掃は清掃でも、
宿泊施設の清掃は、
また特殊ですから、

やはり業界で区分したほうがいいでしょう。
便利屋や、セキュリティ会社も、

民泊向け清掃を行っている、
あるいは今後提供予定ですが、

価格と同時に、
サービス内容をしっかり吟味しましょう。

airbnbショックを切り抜けろ

大手仲介サイトのairbnbが、
物件の削除だけでなく、

予約を削除して大騒ぎになっております。

さすがに日本で、日本語だけで
無届けでの民泊は難しい状況です。

外国語で外国人向けに活動している方も、
なかにはいるようです。

でも、圧倒的に、
撤退が多くなっています。

民泊撤退サービスは大忙しなようです。
それに伴い、良質な中古家具が
市場に大量に流通しております。

正規にビジネスを行っている方にとっては、
家具を仕入れる絶好のチャンスです。

次の物件のため、
あるいは、買い替えのためなど、

中古家具市場も見つつ、
このairbnbショックを乗り越えましょう。

民泊・簡易宿泊所をやるなら英語はコレで決まり!



民泊・農家民泊人気ランキング 第一位!
にほんブログ村 旅行ブログ 民泊・農家民泊へ