不動産購入 の目次

1.不動産購入 の流れ
2.諸費用の借り入れ
3.リフォーム費用の借り入れ

不動産購入 の流れ

不動産購入 の流れ

ここでは、民泊新法にて民泊するのを前提に、
住宅ローンを利用しての不動産購入の流れをご説明します。

物件 お財布・銀行口座 ローン 必要書類など
物件を選ぶ 資金計画作成

事前審査
(書面・オンライン)

運転免許証
保険証
収入証明※1

※1:源泉徴収票、課税証明書、
確定申告の控えなど

購入申込み
(買付け申込書)
手付金の準備 事前審査 承認済み 契約日の決定
手付金の決定
売買契約 印紙
手付金の支払い

買主→売主
本審査申し込み 運転免許証、保険証、
認め印・実印
住民票、印鑑証明、
課税証明書など
火災保険見積もり
登記費用見積もり
諸費用支払いの準備 本審査承認
引き渡し前の立会(確認) 印紙 金銭消費貸借契約
返済用口座開設
運転免許証、保険証、
実印、銀行印、
印鑑証明、住民票など
引き渡し 諸費用の支払い ローン実行
銀行から借り入れと同時に、
売主に支払い
運転免許証、
銀行印など



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

諸費用・リフォーム費用の借り入れ

基本的には、住宅ローンとセットで、諸費用を借り入れることができます。
リフォームについては、組み込むこともできますし、
引き渡し後、リフォームローン(無担保ローン)を組むこともなります。

それぞれに最適なパターンは異なりますので、
お近くの不動産会社さんにお問い合わせください。

簡易宿所としての借り入れ

この場合、当然、
住宅ローンは組めませんし、

通常の不動産投資(不動産賃貸)とも違いますので、
審査の基準はだいぶ変わってきます。

一般的な不動産賃貸よりも、
事業性が高いので、

国民生活金融公庫や、保証会社付のローンがほとんどです。
その際に、自己資金は当然、必要なほか、
収支計画、事業動機などが問われます。

収支計画については、
自身のお気持ちも大切ですが、
客観的な数字、裏付けとなるデータを持っている、

第三者による収支予測(計画)などもあると良いでしょう。
もちろん、ご自分で調べて、
計画をたてることも大事です。



民泊・農家民泊人気ランキング 第一位!
にほんブログ村 旅行ブログ 民泊・農家民泊へ