民泊にもこれから必要なもの

和歌山の民泊などでもそうですが、
その地域によって、
「売り」となるものが違います。

売りと似たようなイメージで、
求められているもの、
求められてくるものも変わってきます。

和歌山のような地方と、
東京、大阪、京都などでは、
当然、楽しみ方、過ごし方が違います。

不動産投資の経験をお持ちの方ならば、
そうしたこともご理解していただきますいかと思います。

周辺の競合施設だけでなく、地域全体を見る

民泊、簡易宿泊所を運営したい地域があって、
物件を探して、売上予測をします。

その際、競合施設を分析したり、
外国人旅行者の動向を調べたりします。

詳細はここではお伝えできませんが、
地域ごとの戦略、

周辺施設、地域の事情に合わせて、
きめ細かに、分析、計画を立てることが重要になります。

和歌山県内であれば、
お気軽にご相談ください。
http://kishu-hatagoya.com/2018/03/07/wakayama_minpaku-5/

さらに上のステージを目指すのであれば・・・

民泊・簡易宿泊所として、
さらに上のステージを目指すのであれば、

観光資源開発、対応言語、
新しい備品の購入など、
ハード、ソフト面の更新も必要です。

その際に、忘れてはならないのは、
バリアフリーです。

住宅購入でも、バリアフリーにすることで、
金利の優遇が受けられるローンもあります。

日本でも、そういう意味では、
少し話題になりますが、
海外であれば、なおさらです。

リフォームなどで、
バリアフリー性を向上させたい場合は、

掲載写真を更新し、
さりげなく、かつしっかり、
アピールすることお忘れなく。


古い戸建てが、
お手頃価格で手に入れることができる、
和歌山などの地方では、

駐車場や、入り口のスロープはもちろん、
階段手すりや、お風呂の手すり、
まずは、ここからです。


そして、言葉のバリアの対策もお忘れなく。



民泊・農家民泊人気ランキング 第一位!
にほんブログ村 旅行ブログ 民泊・農家民泊へ

Airbnbのホストを始めたい方、試算はコチラ
どれくらいの収入が見込めるかチェック