和歌山もIR候補地として、
立候補してまして、

説明会を開催したりと、
盛り上がりを見せています。

なんせ建設予定地は、
すでに商業施設が稼働、
宿泊施設もあります。

大変楽しみなエリアでもあります。
和歌山市に来る外国人のほとんどが、
この地域を訪れるのではないでしょうか。

カジノというイメージを利用して

テレビの印象操作と同じくして、
政治もイメージ戦略、
印象操作が大事ですから、

IR実施法も、
カジノ法などと呼ばれております。

そもそも、IRとは
なんなのか?
ということですけど、

以下の、施設をまとめて、
IR=統合型リゾート
というわけです。


1.国際会議場施設
2.展示施設等
3.我が国の伝統、文化、
 芸術等を生かした公演等による
 観光の魅力増進施設
4.送客機能施設
5.宿泊施設から構成される
 ⼀群の施設
6.その他観光客の来訪・滞在の促進に
 寄与する施設を含む

そして、6番に該当する、
カジノは、
全施設の総面積の
3%ひ広さが上限です。

そうなのです。
カジノだけでもなく、
カジノがメインでもなく、

カジノはおまけ

なのです。
だけども、
印象操作の影響は、

カジノが一番強い
というわけで、

IR=カジノと
呼ばれてしまってるわけです。

内容を見ると、
日本はもとより、

地域経済のためになること、
間違いなし!

ではありませんか?

とくに和歌山なんかは、
関西国際空港からも近いし、

土地があるので、
すぐに建設工事に入れる。

食べ物もおいしい!

そもそも、
ただでさえ、

なんとかモールとか、
なんとかパークとか、

超コンパクト統合型リゾート
が点在しているのですから。


スーパーがあり、
本屋があり、
カフェがあり、
映画館があり、
飲食店があり、

というやつですね。。。

それらの、
スケールが大きくなった施設が
IRというわけなのです。

日本人の取り合い商売よりも、
世界を相手に日本で商売。

これが、これからの有望市場、
インバウンドビジネス。


参考:統合型リゾート整備法
(IR実施法)成立


にほんブログ村 旅行ブログ 民泊・農家民泊へ

Airbnbのホストを始めたい方、試算はコチラ
どれくらいの収入が見込めるかチェック


Airbnbのご利用(宿泊)のご登録は、
コチラから

コメントを残す