和歌山でインバウンド集客・民泊のこと、お気軽にご相談ください。古民家買い取ります。

チャンスの逆説的な見つけ方

チャンスの逆説的な見つけ方

和歌山でもairbnbに掲載されている物件が

増えてきています。

 

またairbnbには掲載されてないけど、

ドミトリー、簡易宿所も増えています。

 

国内外を問わず、

人が動いているのは確かな傾向です。

 

日本の不動産市況も変化しています。

ここではオリンピックが・・・

 

とか、

万博が・・・

との議論は省きます。

 

いずれにしろ、

一つ言えるのは、

 

「これまでの常識は非常識」

 

ということ。

 

日本人の民泊利用者の使い方は、

世界最低レベルに近い

 

とは大げさですが、

思わず首を縦に振ってしまった方も

多いのではないでしょうか。

 

 

さて経験豊富なホストさんあるいは、

これから宿泊業もやってみようという、

不動産投資家さんたち。

 

どこに施設を作ろうかと考えたとき、

当然ですが、収益のシミュレーションをすると思います。

 

この際、近隣の競合物件を

目安にするのがほとんどです。

 

 

それはそれで、

正しいやり方なのですが、

 

周りに競合施設がない場所

 

というのも、

ある意味、魅力的なマーケットになる可能性があります。

 

というのも、

これまで宿泊施設というと、

 

旅館やビジネスホテルにしろ、

民宿にしろ、

 

ある程度の、人、物への

投資が必要でした。

 

だから、気軽に運営できない、

という状況でした。

 

 

一方、民泊元年以降は、

これまで以上に、

比較的容易に、

 

簡易宿所ないしは、

住宅宿泊事業ができるようになりました。

 

 

というわけで、

これまでのホテルや、旅館、

あるいは簡易宿所、ゲストハウス、

 

ドミトリーの基準では

採算割れしていたけど、

 

民泊(簡易宿所)であれば、

十分に利益確保できる物件というのは、

 

和歌山県はもちろん、

その他の地方にもあります。

 

 

これまでの既成概念にとらわれず、

むしろ、観光とは無縁のところのほうが、

 

あらためて光を得た影響は、

大きいようです。

 

 

SPONSOR
最新情報をチェックしよう!