南紀白浜空港、西牟婁郡白浜町の活性化の取り組み

和歌山県西牟婁郡白浜町にある、

運営民営化された南紀白浜空港が

さっそく動き出しています。

 

2019年10月27日から

一部機材が大型化されます。

 

一日3便(羽田ー白浜)あるうちの、

朝:JAL213ーJAL212
 
夕:JAL219ーJAL2218
 
がそれぞれ、165席の
ボーイング737-800になります。

日中のJAL215ーJAL214は、

2018年3月すでにエンブラエル170から同190となり、

76席から95席へと大型化されています。

 

人口減少、進む地方の過疎化の中で、

地方空港としてはなんとも手厚い対応を受けています。

 

それもそのはず、

和歌山県が積極的に動いていて、

IT系企業の誘致が進んでおります。

 

これから、ますます

白浜へ訪れる人は多くなるでしょう。

 

羽田ー白浜で一時間と少し。

金額も、割引運賃によっては、

羽田ー関空よりも安い、あるいは同等。

 

時間的な面で言えば、

大阪ー白浜よりも近いことになります。

 

今後の課題としては、

ビジネス、観光ともに日帰り客を

宿泊にどう持っていくか?

 

現状、和歌山市中心部から白浜まで、

車で1時間半くらい。

 

外国人旅行者もレンタカーでの

日帰り旅行が多くなっています。

 

その分、和歌山市中心部の

宿泊が増えている側面もあります。

 

高速道路は複線化が進めば、

さらに日帰りの動きは加速する可能性があります。

 

飛行機も便利になればなるほど、

地元で手を打たなければ、

日帰りの動きも出てきます。

 

和歌山県が、ワーケーションを促進しています。

ワーキングと、バケーションの造語です。

 

なので、仕事で東京ー大阪を

日帰りで行き来するようにはならないと思いますが、

人の動きが加速しているのは確かです。