和歌山県に限らず、

地方のビジネス、

インバウンドに限らず言えることは、

 

少ないパイを取り合っている。

 

あるいは、

 

血で血を洗っている

 

レッドオーシャンに殴り込んでいる、

 

などと言えることが、

多々あります。

 

だいぶ、過激な発言かもしれませんが。

 

 

売上をあげなければいけない、

利益を増やさなければいけないのは、

 

経営者として、

会社として、

至上命題です。

 

だから、そのために

集客を増やす、

というのは、極めて確かな思考です。

 

ただ、そのお客さんを、

どこから呼んでくるのか?

 

というところが、

鍵になってきます。

 

 

地方の多くは、

市内あるいは、

 

県内で少ない日本人のお客さんを、

取り合いしている状況ではないでしょうか。

 

一番身近に居て、

身近に発信できるので、

当然の帰結といえば当然です。

 

ただそれが、繰り返されるあまり、

地域が疲弊してしまっては、

元も子もありません。

 

 

例えば、和歌山市には、

多数の観光地があります。

 

その中の一つ、南に位置する雑賀崎という町が、

一生懸命、県内のお客さんの誘致をします。

 

新しいものに惹かれる人ですから、

新しい店、新しいコンセプトに

すぐに人は集まります。

 

しばらくすると、

今度は同じ和歌山市でも

西に位置する加太という町に

 

また違ったコンセプトの、

新しい店ができたとします。

 

すると、県内の人は、

加太に流れるようになり、

 

先にできた雑賀崎の店は、

閑散とすることになります。

 

なぜなら、地方特有の、

人口の少なさが一つの原因でもあります。

 

なお、これはフィクションですが、

似たような現象はいたるところで見受けられます。

 

 

先日、情報発信のツールとうことで、

「地方民泊等の情報発信術

をご紹介させていただきました。

 

それで実際の運用として、

よく一生懸命、地域名でのハッシュタグをつけて、

県内もしくは、市内の人しかわからないよなタグを

つけている場合がよくあります。

 

そうなると、

本当に限られたパイの取り合いでしかならなくて、

あらたな需要の喚起にはまったくならないのです。

 

たとえ、外個人に響かないかも知れないけど、

いくら「外国人の気持ちになって考えてみて」も、

わからないのが、インバウンドです。

 

であれば、ひとまずインバウンド向けにアピールしてみたり、

県外、国内からあらたに呼び込むことに

注力して見る価値は有るのではないでしょうか。

 

県外、国外アピールは、

行政や、協会に頼りがちですが、

 

個人(法人)の情報発信も

容易にできる時代であり、

 

なおかつ、リアルな情報として、

違った意味で価値があります。

 

そういった意味で、

#地域名 

といったすごいマクロな視点のハッシュタグばかりに囚われず、

 

抽象度をあげて情報発信する

ことがこれから求められていきます。