時代の変化とともに武器も変化 | インバウンドビジネスナビ

民泊・簡易宿所 運営代行手数料 割引キャンペーン

を先日、告知させていただいた所、

 

思いの外、反響が多くて

対応に追われております。

 

この手の仕事は、

仕事を依頼されて、

あるいは依頼して、

 

「はい、そうですか。」

と言って

簡単に仕事を請負えるものではありません。

 

まだスタートしてなければ、

ゼロから1を作り出すわけですから、

それはそれで、大変。

 

すでに稼働していても、

これまでの流れを、

滞りなく継続させる、

 

さらには、

発展させるために、

変化し続けないといけないわけですから、

 

これもまた、

入念な打ち合わせが

必要となります。

 

 

さて、不動産賃貸の相談

を受けることもあります。

 

不動産賃貸と、

簡易宿泊所・民泊は全く違うけど、

似ているところもあります。

 

一つ言えるのは、

 

「ハード面の勝負は、

価格競争と同じくらい疲弊する」

 

ということです。

 

どういうことかといいますと、

設備関係の更新、

リフォームに多額の費用をかけ、

 

宿泊者あるいは、

入居者を募るということは、

 

1ゲストあたりの費用、

あるいは、

1入居者あたりの費用が増大。

 

つまり、利回りが低くなります。

ということは、

 

「値下げ」したことと

同じとも言えます。

 

もちろん、改修することによって、

ゲスト(入居者)も獲得でき、

 

施設の維持管理上、

メリットが有るのなら、

必要な投資ではありますが。

 

 

そうでなければ、

値下げ競争と同じで、

 

どこまでも続く線路

 

の上を走り続けることになります。

 

 

というわけで、

これからは、

 

ソフト面での対応、

あるいは差別化も大事

ということになります。

 

ソフト面というと、

自然(緑などの)も、

ある意味、差別化要因となります。

 

その他、なんかしらの、

会員サービスや、ポイントなど。

 

airbnb などでは、

宿泊もそうだけど

 

「体験」が大事

としばらく前から

すでに言われています。

 

 

ソフトの差別化を

ゼロベースで見直してみましょう。

 

なお、ハードの差別化は、

バリアフリーでの差別化が

まだ有効な分野もあります。