熊野の命水 とウォーターサーバーの目次

  1. 熊野の命水 で物語をつくり売上、満足度アップする方法
  2. 民泊で何を売る?デザイン?それとも物語?

熊野の命水 ウォーターサーバー設置で民泊の差別化の時代

熊野の命水 で物語をつくり売上、満足度アップする方法


「民泊・簡易宿泊所で勝つ」
と言ったら変ですが、

やみくもに、物件を後悔させれば、
あとは待つだけ。

という時代ではなくなりました。
これだけ大手が参入してくると、

普通にやっていると、
個人では太刀打ちできません。

もちろん、大手と完全に真正面から戦うのではなく、
相互に補完しながら、
あるいは活用しながら経営していくのです。

また物件の差別化の要因として、
立地や、間取り、内装などあります。

経営・運営開始前に、
どうやって差別化するか、

その差別化に要した費用を、
どのくらいの期間で回収できるか、
などを計算します。

単純にベッドや布団を詰め込んで、
団体対応とする施設もあれば、

オシャレな家具、よい寝具などで、
高付加価値路線でいくホストもいらっしゃいます。

また、できるだけ費用を抑えたいために、
お土産やセルフサービスの珈琲などもおかず、
徹底したコスト削減の施設もあります。

一方で、ウォーターサーバー完備をしている
ホストさんもいらっしゃいます。

戦い方が、剣や槍の時代から、
銃などの飛び道具になり、

無人爆撃機、やドローン、
情報線、細菌、

もっと言ってしまえば、宇宙と、
戦い方が高度になっているように、

民泊・簡易宿泊所においても、
これまでと同じでは、
利益を生みにくくなっております。

旅行客の情報量もアップしてますので、
観光客しかいない、値段が高い観光施設では、
買い物せずに、見るだけとうのも当たり前です。

私達日本人が、東南アジアに行った時も、
地元の人がいなく、観光バスを待つだけの店は、
ある意味、怖くて買い物できませんよね。

ホテル・旅館でジュースが、
300円で売っていた時代もありましたが、
今の時代、そんなことをしていたら時代遅れです。

むしろ、地域の特産など、
宿泊施設におきつつ、

値段は特価あるいは、
スーパーやネットと同水準。

でも悪くないですね。
その施設でしか体験、購入できないものであれば、
なお良いのです。

和歌山で言えば、
水資源が豊富です。

そして、熊野古道、高野山と、
山の観光資源が有名です。

であれば、
和歌山の水を提供してもいいです。

もちろん、費用はかかりますが、
一人あたり、100円でもアップさせれば、
すぐに回収できます。

産地の水が提供できるということは、
ストーリーを語れ、
その場で体験できるということが、

その施設の売りになります。
お住いの地域、運営地域で、
天然水が採取されればご検討ください。

東京、京都、大阪などの都心部であれば、
富士山の水でも良いですね。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

民泊で何を売る?デザイン?それとも物語?

宿泊も「営業」です。
天然水を設置して、何を売るか。

熊野の命水であれば、物語です。
そして、もう一つの営業要素が、
「デザイン」です。

デザインといえば、
プレミアムウォーター


がオススメです。

デザインで定評のある、
アマダナ(amadana)ウォーターサーバー
があります。

よりオシャレなデザインの方は、
レンタル費用が月額1000円かかります。

ただこれも、一人あたりにしたら、
微々たる値上げで回収できます。

万人に、全ての施設にお薦めできる、
天然水、ウォーターサーバーというのはありませんが、

デザインをとるか、物語を作るか、

基本的にはこのどちらかの戦略で
民泊、簡易宿泊所の売上は改善できるでしょう。

ちなみに、常温でも、
しっかり物語を作れれば、

それが付加価値となります。
そして、この箱から給水のメリットとして、
使われすぎる心配が減る、ということです。

顧客サービスで、
冷水を別途用意し、
電気ケトルやヤカンの設置もお忘れなく。

また、いずれの水の備蓄は、
いざという時の備えにもなります。

民泊新法(住宅宿泊事業法)あるいは、
旅館業法の簡易宿泊所いずれかで法対応しているわけですから、

事業者の責任として、
地震など天災の際にも
お客様(ゲスト)の身を最低限守れる、

そんな責任ある姿勢が、
お客様の評価にも繋がります。

いつもご自宅や施設に2~3個は、
在庫を蓄えておきたいものです。

民泊・簡易宿泊所をやるなら英語はコレで決まり!

民泊・農家民泊人気ランキング 第一位!
にほんブログ村 旅行ブログ 民泊・農家民泊へ

1件のコメント

  1. ピンバック: 紀州熊野の名水 で民泊・簡易宿泊所もトータルコーデで、レビューアップ

コメントは受け付けていません。