和歌山(関空)ー羽田

の移動は早朝や夜の遅い時間

がメインで、

日中に移動することは、

あまりしませんでした。

ひさしぶりに、

日中に移動しましたら、

関西国際空港の、

外国人旅行客の多さに、

驚愕しました!

田舎者のようですが、

写真を撮りまくりましたので、

御覧ください。

なお、テレビカメラも

来てなにか撮影されてました。

どうですか、

これが現実です。

旅行者が旅行者に、

電車の乗り方を教える?

教えるというか、

確認している状況です。

地方では集客はもちろん、

人材の確保、採用が深刻な問題です。

ですが、

集客は絶対必要です。

その集客も、

あれこれ、

奇策を考えたりしても、

結局は、

同じマーケットで、

「お客さんの取り合い」

をしているだけの場合が

ほとんどです。

地域によっては、

「つぶしあい」

になってます。

お客さんの方でも、

慣れてしまって、

新しい目新しいお店が

どこかにできるのを、

待ってしまっている状況もあったり。

 

集客を考える際、

日本人の枠組みにとらわれず、

 

インバウンド対策を講じることは、

「検討の価値がある」

ではなくて、「必須」です。

 

 

地方であれば地方であるほど、

必須項目、先取り必至です。

 

特に、IR候補地などは。。。

 

カジノ反対!こんなIRは断固反対
IR建設 観光客増加 に向けて
和歌山はおろか、日本の人が知らぬ間に進む国際化
 
 
あなたのビジネスは、顧客をどこに絞るか?
民泊(簡易宿泊所)の正しいターゲット設定
 

1件のコメント

  1. ピンバック: あなたのビジネスは、顧客をどこに絞るか? | インバウンドビジネス・民泊管理

コメントは受け付けていません。