地方民泊の優位性とデイユース

外国人旅行者の伸びもありますが、

日本人のairbnb利用者が増えていて、

地方に思わぬ経済効果をもたらしています。

 

地方で民泊というと、

どうしても、

 

「農家民泊」のイメージが

先行しがちです。

 

農家民泊は農家民泊で、

たいへん良い仕組み、プログラムです。

 

ただし、地方には、

それしかないのか?

 

というと、

そうでもありません。

 

むしろ、都市部の方がうらやむ、

観光資源ないしは、

不動産(物件)があるのです。

 

地方だからこそ、

日帰り民泊を活用してもいいですし、

 

滞在できるほどのリソースがあれば、

当然、宿泊して頂くべきです。

 

 

海外の宿泊施設を、

instagram で見てると、

 

「あっ、これあそこに似てる!」

 

「あの物件なら似たようなの作れる!」

 

ということが、

多々あります。

 

こうした写真に似た宿泊施設で、

インスタ映えを狙うのでしたら、

 

和歌山県内であれば、

すぐにご紹介できますので、

(2019-09-19現在)

お問い合わせください。

 

2019年(令和元年)9月

民泊・簡易宿所 運営代行手数料 割引キャンペーン