横浜がIRの候補地として、

名乗りを上げました。

 

和歌山は地道に、

各地域で住民説明会を繰り返しています。

 

横浜はこれまで、

「白紙」としてきたところ、

突然の立候補ですから、

 

周辺はさぞびっくりしたことでしょう。

たまたま、いま横浜にいるところですが。

 

さて、和歌山県のお隣の、

大阪では、府と大阪市が一致して、

IRの誘致をしていると。

 

万博も一致して誘致したので、

成功したとか聞きました。

 

IRの行方はどうならか分かりませんが、

こうして行政が一致して取り組むというのは、

住民としては安心できるのでは。

 

なによりも、

大きな力になります。

 

和歌山市も、

人口36万人ですから、

抽象度を上げて、

 

町単位、コミニュティー単位でなく、

市や県の単位で、

地域を良くしていけば、

 

いまある資源を、

さらに有効に使える気がしてなりません。

 

世界に一番近い城下町ならぬ、

世界に一番近い御三家です。

 

ちなみに岸和田市

人口19万人。

 

和歌山市とともに2015年国勢調査より

 

民泊・簡易宿所の

運営・管理・清掃のほか、

インバウンド集客等お気軽にご相談ください。

 

関連:和歌山 観光の乱