和歌山でインバウンド集客・民泊のこと、お気軽にご相談ください。古民家買い取ります。

コンテナハウスとインバウンドビジネス

インバウンドビジネス 3.0

和歌山県のお隣、奈良県では、

宿泊客の多くが県外からの旅行者など。

外国人はコロナ前でも2割程度。

_

京都の牽引力もあるので、

外国人宿泊客は伸びるだろう!

_

と多くの方が見込んでいました。

和歌山県も似たような状況の

宿泊施設も多かったようです。

_

もちろん施設によっては、

外国人旅行者が殆どを占めている

宿泊施設もありました。

_

奈良県で言えば、

外国人宿泊者数が平成24年から30年で、

約4.4倍に増加しています。

_

しかし、県外の宿泊者はもちろん、

インバウンド(外国人宿泊者数)が、

ゼロ!

_

となったCOVID-19(新型コロナウィルス)

の感染拡大。

_

世界的にはまだ落ち着いておりませんが、

日本国内では再拡大の懸念はあるものの、

_

ある程度、落ち着き始めています。

本格的な経済対策はまだですが、

_

国、県、市と、

各行政が観光業の支援対策に

力を入れています。

_

こうした動きで、

完全国内需要喚起

はもちろん大事ですが、

_

当然、見据えるべきは、

将来必ず復活する、

インバウンド需要、

_

インバウンド 3.0

です。

_

インバウンド 1.0 では

団体、ツアー客がメインでした。

_

インバウンド 2.0 では

airbnb などを活用した個人旅行、家族旅行

_

そして、

インバウンド 3.0 が、

どのような形になるか。

_

参考:インバウンド頼みから国内需要に照準 ホテル開業ラッシュの奈良(産経新聞)

コンテナの魅力

日本では、建築基準法があり、

自由に建物を建てることができません。

_

自由というのは、

場所(地域)や、

構造など。

_

ですので、こんな

コンテナハウスとか、

あるいは、

こんなのとか?

_

自由に建てる(設置)すること、

できません。

_

でも、一定の基準を満たせば、

建築確認を取得した上で、

設置が可能です。

_

その上で、

消防法に適合させ、

保健所へ申請することで、

_

宿泊施設として

運営することも可能です。

_

コンテナそのものは、

断熱性能ないので、

快適とは言えないものの、

_

立地やデザインを優先・活かし、

快適でないけどおしゃれ・楽しい

旅の思い出の演出

_

なども、

新しい旅、

インバウンドビジネスの

_

要素になってくる

可能性もあります。

_

参考

SPONSOR
最新情報をチェックしよう!