和歌山でインバウンド集客・民泊のこと、お気軽にご相談ください。古民家買い取ります。

「孤立する日本人」を宿泊客から読み取る

観光公害とは?

京都をはじめとした、

外国人旅行者に代表される、

インバウンドの急増した地域で、

 

問題視されているのが、

「観光公害」

です。

 

日本に限らず、

世界の観光地で

似たような事例は起きています。

 

世界の人々の移動が、

活発になったこともあります。

 

 

根本は、外国人旅行者が

「急増」した結果、

 

既存の仕組み、文化が追いつかず、

「マナー違反」となって、

地域住民に迷惑をかけている、

 

というのが、

そもそもの観光公害です。

 

 

 

日本人の海外旅行離れ?

JTB総合研究所の調べによると、

日本人の海外旅行者数が減少しています。

 

人口減少もあるので、

単純に比較はできないとしても、

 

海外に行く若者が減ったと

感じることはありませんか?

 

もしくは、家族旅行が減ったのではないか?

と思わせることあしばしばあります。

 

 

というのも、

外国人旅行者による観光公害だけが

クローズアップされがちですが、

 

日本人旅行者のマナー違反に迷惑している、

というairbnbホスト等の、

宿泊業関係者の声を聞くことが多くなっています。

 

 

一昔前であれば、

多くの日本人が海外に行き、

 

日本人の海外でのマナー違反、低モラルが

嘆かれた時代がありました。

 

いまはそれが、

海外ではなくて、

日本国内において起きている、

 

そういう状況です。

 

 

日本人お断りのラーメン屋さんがありましたが、

いずれ、そうした宿泊施設も増えてくる可能性があります。

 

現時点でも、

中国人等の外国人オーナーの施設であれば、

日本人への宣伝なしに、

 

宿泊施設として営業している、

という施設もでてきています。

 

それは、日本人の旅行者が少ない、単価が安いから、

日本人を特にターゲットにしない以外にも、

マナーが悪い、などの理由もあるそうです。

 

 

日本人によるトラブルで、

思わぬところで足止めを食ってしまわないためにも、

 

 

悲しいことですが、

事前に、ハウスルールなどの周知など、

対策を講じる必要があること、お忘れなく。

 

 

SPONSOR
最新情報をチェックしよう!