和歌山でインバウンド集客・民泊のこと、お気軽にご相談ください。古民家買い取ります。

家屋番号を一発で調べる!

NO IMAGE

家屋番号とは?

土地や家などの不動産の管理も、

番号(数字)にて行われています。

所有者は売買で変わりますが、

地番や家屋番号は基本的には、

「変わりません」

家屋番号の調べ方

中古(既存)の建物の場合

なぜ家屋番号を調べる必要があるのか?

 

それは、所有者を特定するため!

です。

 

街を歩いていて、

気になる物件、

 

つまり、貸したり、民泊・簡易宿所にて

運用できそうな物件がアレば、

所有者を調べてコンタクトを取るのです。

 

基本的には家屋番号は、

地番と同じです。

 

でも、1筆の土地に1個の建物と限らないので、

家屋番号で建物と所有者を特定する必要があるのです。

 

ちなみに、筆とは、土地の区画の単位(呼び方)です。

 

「1筆に1戸とは限らない」

というのは、

 

2筆で1戸の建物かもしれないし、

逆に、1筆の敷地の中に2戸以上の建物があるかもしれない、

という意味です。

 

新築してすぐの場合・・・

インバウンドビジネスの仕入れ

などと関係ないですけど、

 

せっかくだから、

建物を建築したときの、

家屋番号の調べ方も記載しておきます。

 

 

オンラインで謄本を取得するサービスには、

地番の割り振られた地図を検索できます。

 

その地図から建物の検討をつけ、

謄本を取得します。

 

ただし、この方法だと、

新築して間もない家については、

謄本が取得できません。

 

なので、

法務局に電話する必要があります。

 

電話をする前に、

1.建築してある所在地番

2.表題登記(施主)の名義人の名前を調べておく

 

以上の二点を用意しておきます。

表題登記の名義人は、

殆どの場合が、

 

注文住宅であれば施主さん

建売であれば購入者です。

 

 

SPONSOR
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!