和歌山市、古民家DIY始まりました|買い取り、売却、活用相談

和歌山市の某所にて、

古民家DIYはじめました。

 

詳細な場所はまだ秘密です。

 

ちなみに、最近、

近所の古家が取り壊されました。

 

地域柄の

「すぐに取り壊してしまう習慣」

のせいもありますが、

 

「古民家」が

資格試験で言えば、

民間資格のような古民家の定義が流布されているせいか、

 

 

あるいは、地域ぐるみや

地域間で連携しての観光促進を考えないせいか、

重要な建物が取り壊されました。

 

 

もちろん、倒壊の危険があれば、

それはすぐに、取り壊すなり、

改修しなければなりません。

 

今回の建物は、

建て替えの予定もないし、

 

倒壊の危険もないけど、

更地になりました。

 

すっかり景観が変わってしまって、

街の魅力が減少しました。

 

 

古い建物を壊すのは簡単です。

でも、「古い」を創るのは大変です。

 

技術や、製品で、

古さを演出することはできますが、

 

本当の「古い」は

時間だけが作れます。

 

調和した「古い」がある町が、

何もなくとも、魅力になる場合もあるのです。

 

特に地方、インバウンドビジネスにおいては、

ぜひ参考にしていただきたいです。

 

 

ちなみに、

デービッド・アトキンソン 新・観光立国論

は、

 

インバウンドビジネスはおろか、

地方の市町村だけでなく、

 

観光や地域発展を考える、

コミュニティ(自治会)の

の方々にも必読の書です。

 

悲しい取り壊しを減らすため、

古民家DIYに励みます!