和歌山でインバウンド集客・民泊のこと、お気軽にご相談ください。古民家買い取ります。

民泊で儲ける人、損する人

増える民泊の撤退サービス

残念ながら民泊の撤退する人、
あるいは撤退を検討している人が、
多くいらっしゃいます。
_
この COVID-19 のもたらす影響は、
計り知れません。
_
とにかく、民泊・簡易宿所の撤退は、
家具家電が多いので一筋縄ではいきません。
_
民泊2.0 のとき、
いわば、旅館業法改正のとき、
_
闇民泊が一掃され、
遵法業者(個人含む)だけに
整理されるときも、
_
撤退する事業者は多かったです。
でも、このときは原因がはっきりしていたし、
_
旅行者は右肩上がりでした。
なので、不要な家具家電を
ジモティで売却にだしても、
_
新規出店・開業者などが、
購入するため、
比較的容易に処分できました。
_
_
しかし今回は、
出店する人が、
限りなく少ない状況です。
_
そんななか、ありがたいのが、
民泊の撤退サービス。
_

歴史・事例に学ぶインバウンド

似たような状況は、

民泊だけに限りません。

_

ゴールドラッシュ

といえば、

カリフォルニアが有名です。

_

このとき、

アメリカ国内からはもちろん、

国外からも多くの人が集まりました。

_

まさにインバウンドの波

です。

_

_

このときに儲けたのが、

LEVI’S をはじめとした、

_

作業服、あるいは採掘道具

などの周辺ビジネスでした。

_

もちろん、

鉄道も!

_

_

ここから学ぶ、考えるのは、

民泊事業そのものが悪いのではなく、

_

うまく、その波に乗っかった人が、

あるいは、

_

かゆいところに手が届くサービスを行う人が

儲けることができる、

_

ということです。

インバウンドビジネス、

_

民泊・簡易宿所の今後の

なにかのヒントになるのではなないでしょうか。

_

和歌山で民泊の申請、撤退相談

こうした中、

いつかまた来るであろう、

_

インバウンドの波、

インバウンド第二波にそなえ、

_

和歌山県で簡易宿所をご検討の方、

あるいは、

_

既存宿泊施設の撤退を

お考えの方、お気軽にご相談ください。

SPONSOR
最新情報をチェックしよう!