2019年9月千葉付近に上陸した

台風15号は甚大な被害をもたらしました。

 

いま(10日23時)現在、

停電、断水等被害に合われてる方、

お見舞い申し上げます。

 

 

2018年8月は

台風21号で関西も同じように、

強風による大被害を受けました。

 

その時も停電をはじめ、

いろんなところで被害がありました。

 

インバウンドビジネス関係者にとっては、

関西空港の約2週間の機能停止は

大打撃でした。

 

 

二地域居住・ワーケーションが非常時に役に立つ

日頃からの防災対策と、

気象情報を見て、

 

予防するというのは、

絶対的に必要です。

 

その他にも、

和歌山県が力を入れている、

 

ワーケーションができるように、

仕組みを作っておくというのも

有効です。

 

もちろん、これは

誰にでもできることではありません。

 

お仕事によっては、

というか多くの方は、

できないことでもあります。

 

あるいは、

二地域居住体制を整えておく。

というのも有効です。

 

同一市内でも、

避難できる場所があるというのは、

安心があります。

 

この際、できたら、

属性の違う地域が良いでしょう。

 

属性が違うというのは、

「海と山」

などという意味ではありません。

 

 

海と山は災害に対する耐性

という意味での属性は似ています。

 

海は当然、川下にあります。

台風による増水で河川の氾濫、

そして、海からの浸水が想定されます。

 

であれば、山に避難・・・

と思っても、

水を大量に含んだ地すべり、

がけ崩れのリスクが・・・。

 

山と海での二地域居住では、

台風のときはどちらも不安ということになります。

 

であれば、山か海、そして、

中心部のマンション。

 

と、いう風に分けるのです。

 

 

利用しないときは、

バケーションレンタル(貸し出し)、

 

をすれば、効率的に

家の確保・運用ができます。

 

和歌山の民泊管理・代行 キャンペーン中

和歌山市、海南市、岩出市、

紀の川市、有田市、有田川町などの、

 

民泊・簡易宿所の管理・代行手数料を、

9月中の相談・お申し込みで、割引いたします。

 

物件探しや、リフォームの準備、

リフォームの管理、家具の打ち合わせ等、

全体的にご相談いただけます。

 

コメントを残す