和歌山でインバウンド集客・民泊のこと、お気軽にご相談ください。古民家買い取ります。

柱を柿渋で塗る

柱を柿渋 で塗る|漆喰の下地作りの一環|和歌山市 古民家 DIY 買い取り再生

和歌山市の古民家で、

再生、活用といったら大げさですが、

 

DIYが始まってます。

新しい命を吹き込んでます。

参考:和歌山市、古民家DIY始まりました

 

その様子を動画ではちょくちょく紹介してるのですが、

ブログの更新が追いついてません 汗

 

 

柿渋で防虫効果と、柱に輝きを

今回のプランは、

壁は漆喰でキレイに白に仕上げる予定。

 

そして柱は、濃いめの茶色にして、

白との対比を作る計画。

 

 

塗料は何にしようかと検討していたとき、

せっかくだから、防虫効果のあるものにしよう!と。

 

ここは、自然豊かなので、

ムカデやゲジゲジが豊富なのです。

 

とくにゲジゲジはでかい!

そして、そこらじゅうで命果ててる!

 

下は、壁にへばりついたまま

命尽きたゲジゲジ。

柿渋を塗る準備は?

柱を柿渋 で塗装するために

今回、利用したのは、

 

柿渋京都西川本店の、

コチラの商品

 

途中で買い足すのがめんどくさいので、

費用対効果の高い、18Lを購入。

 

そしたらなんと、

コックがない!

ご購入の際は、

コックの購入や手配をお忘れなく。

 

ちなみに、今回、

ホームセンターで購入しました。

参考:30万円落としました!汗|古民家売却の前にちょっとしたDIY 柿渋で塗装

 

そして、塗装道具は、

簡単な入れ物と、刷毛があれば、

全く問題ないです。

 

ハンディ・クラウン 刷毛付きポリ下げ缶

があれば十分すぎます。

 

 

そして塗装前の肝心なお仕事、

柱の研磨!

 

私はホームセンターで、

コチラを購入しました!

amazonで似たものはコレです。

スコッチブライト 工業用パッド7440mp #180相当

 

 

実践、柿渋塗装!

手順の確認です。

1.塗装箇所の研磨

2.清掃

3.必要あればマスキング

4.塗装

5.拭き取り

 

という感じです。

動画でわかりやすく解説してますので、

そちらを見てください。

 

 

塗装前後の比較や、

研磨前後の比較のため、

写真を掲載します。

 

半分研磨済 ほとんど研磨済
研磨前 研磨後
塗装後1 塗装後2
もう一回、研磨後(塗装前)  
 

どうですか?

違いが分かりますか?

 

もともとの、

時間が作り出した色も良かったのですが、

家具の置いてあったところと、

そうでないところとの差が目立ったので、

全部磨いて、塗ることにしました。

 

柿渋も重ね塗りあるいは、

時間の経過とともに、

色が変化してきますので、

それも楽しみの一つになりますね。

 

SPONSOR
最新情報をチェックしよう!