和歌山でインバウンド集客・民泊のこと、お気軽にご相談ください。古民家買い取ります。

漆喰の下地作り|砂壁にシーラー塗布

すでに何回かご紹介している、

和歌山市古民家DIYプロジェクトです。

参考:和歌山市、古民家DIY始まりました

 

今回の、古民家DIYは、

砂壁に漆喰を上塗りしていくプランです。

 

一見、簡単そうに見えますが、

漆喰を塗り始める前に、

やらなければならない工程があります。

 

それは、

1.下地調整

2.マスキング

です。

 

 

下地調整とは?

簡単に言うと、

漆喰を塗るための

下地作りです。

 

清掃して、

シーラーを塗って固めて、

漆喰の接着を良くします。

 

また、「アクが染み出る」と言いますが、

白漆喰を塗ったにもかかわらず、

なんだか黄ばんできたりするのを防ぐ効果もあります。

 

そして、柱との境目に、

隙間ができていれば埋めておきます。

 

 

マスキング作業

マスキングは、

シーラー塗布の際や、

漆喰を塗り際に、

 

はみ出して汚れないように、

マスキングテープや、

マスカーというものを貼ります。

 

細い養生テープに、

ビニールが付いたようなもの。

 

これが、慣れないと、

なかなか切りにくい!

 

というわけで、

ここはケチらずに、

 

マスカーカッター

https://amzn.to/358c3RS

を買ってください。

 

もう一つ重要なのが、

マスキングテープです。

 

こちらは、結構シビアに貼らないと、

あとあと泣きます。

 

漆喰の塗しろを確保しなければなりません。

広くてもだめ。

狭くてもだめ。

 

素人にはその采配が、

非常に難しい!

 

ということで、

ここでも、

 

ありがたきDIYツールを頼りにします。

それは、

 

仁作 マスキングテープホルダー ギリギリ3

https://amzn.to/35jvN5h

です。

 

塗しろの3mm を絶妙に確保して、

マスキングテープをキレイに貼れます。

 

このマスキングテープホルダーは、

コーキングのときにも大活躍します!

 

マスキングテープホルダーの

詳細レビューはまた改めて。

 

SPONSOR
最新情報をチェックしよう!