写真と本文は関係ありません
写真と本文は関係ありません

◯和歌山城を魅力アップの再建を

和歌山城天守閣の木造再建を目指す市民団体
「『国宝』和歌山城木造復建の会」が、

25日夜、和歌山市の県民文化会館で、
シンポジウム「和歌山城を中心としたまちづくり」
を開催しました。

かつて国宝だった天守閣は戦災で焼失し、
1958年に鉄筋コンクリートで再建されました。

老朽化が著しいため、
市は耐震診断を今年度実施、
結果を踏まえて補強や再建を検討する方針だそうです。

英国出身で文化財修復などを手がける
小西美術工藝こうげい社(東京)の
デービッド・アトキンソン社長が基調講演し、

「日本は情報発信に熱心だが、
観光資源は昔とさほど変わっていない。

長期滞在してもらえるよう観光地としての付加価値を高めるべきだ」

とのこと。
実際、私もなんどか訪れていると感じるところですし、

他の方々も、
和歌山の魅力は?

と問うたときに、
「弱い」と感じるところではないでしょうか。

「和歌山城でもホームページやガイドブックを作るより、
観光客が楽しさを感じるイベントや特別展の開催に力を注ぐべき」

観光資源には限りがあります。
城の周りを始めたとした、

魅力ある景観維持のためにも、
古家、空家の有効活用を図りたいところ。

買取、有効活用もぜひご相談ください。

参考:yomiuri online

 

おかげさまで、
民泊・農家民泊人気ランキング 第一位!
にほんブログ村 旅行ブログ 民泊・農家民泊へ