写真と本文は関係ありません
写真と本文は関係ありません

◯農家民泊も活力に

長野県にある伊那市観光協会が推進する農家民泊で、
外国人ツアー客の伊那市内での

今年度受け入れが始まりました。
第1弾はカナダからの訪日客。

これまでの受け入れはアジア圏が中心で、
カナダは初めて。

伊那市観光協会
「旅行業者への働き掛けが奏功したかもしれない」

「旅行客にとって民泊が良い思い出になり、
次の来伊につながれば」と。

伊那市観光協会などは、
旅行業者が集う国内外での商談会を通じて、
市内での農家民泊の売り込みを図ってます。

和歌山県も何年も前から、
インバウンドの集客に力を入れています。

和歌山の農家民泊も
さらに活性化するかも知れないですね

伊那市での
受け入れ農家の登録件数は約70軒で、
さらなる増加を目指しております。

カナダ人一行17人は、3月下旬に来日、
国内各地を回り4月中旬に帰国します。
なかなかの滞在日数ですね。

宿泊先の大半はホテルで、
民泊は伊那市など数カ所にとどまるという。

7日に伊那市に到着し、市内9軒に宿泊。

同市荒井の「入屋」(屋号)で歓待を受けた60代夫妻は、
和室に設けられたこたつに入り、かるたを楽しんだ。

伊那市は山がきれい。
住民の皆さんもにこやかに接してくれて、良い人ばかり」
と喜んだ。

同協会は「訪日旅行客の受け入れの大半は、
県機関を通じてのもの。旅行業者とのつながりを強め、
独自での受け入れが進むようにしていきたい」としている。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◯柔軟に対応します

農家民泊にて、
半月も滞在するのであれば、

やはり途中で滞在先を変える、
あるいは、農家そのものに寝泊まりするのは、

2~3日にしするなど、
柔軟な対応が求められます。

日中の体験は毎日、
飽きることがないものが経験できればよいですが、

やはり夜は、お互いの時間を確保できたほうが、
安心はしますでしょうから。

その辺りは、お互いの意見と、
滞在の目的を考えてですかね。

留学、ホームステイとは違うので、
「体験」重視であれば、

夜は快適なベッドで、
Wi-Fi環境も良好なところで、
お友達とSNSやメールしたいなどもあるでしょうから。

農家民泊も柔軟な思考と対応が必要です。
それと同じように、

私達は民泊、簡易宿泊所運営全般において、
柔軟に対応いたします。

 

おかげさまで、
民泊・農家民泊人気ランキング 第一位!
にほんブログ村 旅行ブログ 民泊・農家民泊へ