和歌山でインバウンド集客・民泊のこと、お気軽にご相談ください。古民家買い取ります。

地方投資の魅力と発信力

地方投資の魅力と発信力|和歌山 民泊 簡易宿所 管理 清掃

和歌山ってところは面白いもので、

「どうせ和歌山だから」

と口癖のように発する人が多い気がします。

 

そして二言目には、

「和歌山城しかないのに!?」

 

いざ和歌山の話をすると、

案外、自慢話が始まります・・・。

 

 

控えめというか、

謙虚というか。。。

 

 

しかし、悲しいかな、

和歌山の情報って、

外に伝わりにくいのです。

 

控えめ、謙虚だからか?

陸の孤島である島国根性だから?

自虐的思考も見られます・・・。

 

 

関東の人の多くの人にとって、

醤油=千葉(銚子)

 

というイメージなのに、

醤油のイメージを取られていることを知っていません。

 

カツオについても同様です。

カツオ=高知

 

そして、苦し紛れ?に、

千葉には和歌山の地名がたくさんある。

和歌山の人が移住したり、文化を伝えたと。

 

でも、千葉の人で、

和歌山から伝わってきたとか、

 

和歌山に同じ地名があることを知っている人は、

あまりいないのが現状です。

 

 

これは、和歌山を馬鹿にしているわけでなくて、

あくまでも現状の主観です。

 

千葉で生まれ育ち、

東京を含め関東に長いこと住んだ経験と、

和歌山に移ってきて感じたことです。

 

 

そんな和歌山がいま、

非常に大きな変革を迎えようとしています。

それは、統合型リゾート(IR)の誘致です。

 

和歌山に統合型リゾート(IR)は来るのか?

その可能性というか、

確率はわかりません。

 

ただし、これだけは言えます。

誘致できるほどのポテンシャルは、

「間違いなくある!」

 

ということです。

 

ただし、和歌山の人は、

先に申し上げたとおり、

 

「どうせ和歌山だから・・・」

 

と。(泣)

 

 

でも、反対か賛成かを尋ねると、

案外、賛成派が多かった!

 

珍しいけど、賛成の署名を集めたら、

思いの外簡単に集まりました!

感謝

 

和歌山に興味を示している事業者は、

少なくとも現時点で2つあります。

 

その一つのサンシティグループですが、

「サンシティグループ 和歌山」

と検索すると、

 

こちらのサイトが開きます。

正直、ちょっとさみしい、

「?」

と感じるサイトです。

 

しかし、コチラにもサイトがあって、

こっちのほうがしっかりしてます。

 

サンシティグループに限らず、

フランスのグループ・ルシアン・バリエール

も和歌山に関心を示しています。

 

いまこそ、

「どうせ和歌山だから」発想をして、

 

どうどうと和歌山を語り、

国外はもとより、県外から人を呼ぶチャンスなのです!

 

 

和歌山県では、

和歌山県統合型リゾート(IR)説明会の開催を開催しています。

まずはお気軽に話を聞きに行ってみてはどうでしょうか?

 

あるいは、人数があつまれば、

出張説明会を行っていただくことも可能です。

県主催の説明会の都合がつかない方は、

一度、当方へご相談ください。

 

SPONSOR
最新情報をチェックしよう!