古民家・不動産を相続登記するべきか?
和歌山市・観光地域経済研究所

和歌山市雑賀崎というところも、

夕日の絶景スポットの一つです。

 

和歌山には比較的、

夕日がきれいなところがたくさんあります。

その中の一つです。

 

最近、ここ雑賀崎に有る灯台が、

少し整備されたことから、

 

平日にも関わらず、

多くの人で賑わっていました。

 

 

周囲から「土俵」と呼ばれるモノが整備されましたが、

良くも悪くも話題になったことで、

 

多くの人が灯台に登っていたので、

結果的によかったのかなと。

 

 

雑賀崎からは見えないですけど、

お隣の田野からはマリーナシティが望めます。

 

マリーナシティといえば、

和歌山県がIR誘致している候補地です。

 

 

そのマリーナシティに近くであり、

IRに限らず県が外国人観光客を誘致しているなか、

 

新しく整備した施設に英語がないというのも、

なんだかアンバランス、不可思議な感じも・・・。

 

 

さて、マリーナシティは、

和歌山市最南端にあります。

 

ということで、

お隣は海南市。

 

その海南市も含め和歌山県は、

非常に多くの山があります。

 

海南市でも山がたくさん!

山が沢山ということは、

 

下水の整備はもちろん、

道路の整備が遅れがち。

 

ときどき、

小さい土砂崩れも発生してます。

 

 

そういうわけで、

「山の中の不動産なんか相続したくない」

 

あるいは

「自分が山の不動産を相続することにより、

自分の子供にも同じように相続問題をかかえさせる」

 

などの理由で、

不動産相続登記をしない方が

よくいらっしゃいます。

 

 

お子様思いで、

一見理にかなったような行動ですが、

 

それが全く意味をなさなかったらどうでしょう。

むしろ、今後罰金が課せられる可能性があるとしたら?

 

 

不動産を相続登記しなくとも、

管理義務は、推定相続人にあります。

 

相続放棄したとしても、同様です。

管理者が決まるまでの間は、

推定相続人です。

 

 

ご自分が相続登記しないことにより、

お子様は、存在も知り得ぬ不動産の

推定相続人として管理義務を背負っていたら・・・。

 

知らぬが仏ではありますが、

知った時は、責任が生じたとき。

一番酷な告知となってしまいます。

 

そうならないためにも、

不動産登記と、

 

早めの売却、活用を。

 

和歌山県の不動産、

あるいは簡易宿所、インバウンドビジネス関係、

お気軽にご相談ください。