和歌山でインバウンド集客・民泊のこと、お気軽にご相談ください。古民家買い取ります。

民泊・簡易宿泊所の開業に適した立地と物件の条件とは

写真と本文は関係ありません
写真と本文は関係ありません

◯お客様(ゲスト)の多いところは必須ですが

民泊・簡易宿泊所も一般的なビジネスと変わりませんので、
原理・原則はかわりません。

ですから当然、重要になってくるのは、
需要が多いところです。

賃貸であれば、大学があるとか、
企業があるとか、繁華街に近いとかですね。

民泊・簡易宿泊所であれば、
当然に観光客がいる、ということになります。

ですから、
観光地がある、もしくは近い。
街の知名度がある。

ターミナル駅付近。
空港アクセスが良い。
繁華街に近い。

ということになります。
農家民泊など地方の民泊でなければ、
民泊需要と賃貸需要も似てきます。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◯需要のある立地と利益の出しやすい民泊・簡易宿泊所立地は違う

賃貸でもニーズがあり、
民泊・簡易宿泊所でもニーズがあるのは、
直感的には良いことです。

なぜなら、民泊が駄目でも、
「不動産賃貸で逃げれるから」
ということになります。

もちろん、そうした理由で、
物件を探すのも大事です。

ただし、必ずしもこれが良いかというと、
そうでもない場合があります。

なぜなら、物件価格が高いからです。
売買であろうと、賃貸であろうと。

何かのタイミングで、
安く仕入れることが出来たら最高です。

ですが、その場合も注意しましょう。
目に見えて需要があるということは、
供給、つまり競合もたくさんいますので。

だから、競合調査は大事なのですね。

では、一番利益が出しやすいのは、
需要と供給のバランスが崩れているところ、
あるいは、均衡に歪みがある地域です。

需要と供給がマッチしているように見えるけど、
一つ一つを見ていくと、
お客さんも満足はしてないけど、不満でもない。

そんなところを満足度を高めて攻めていく。

こういうことができれば、
需要がそれほど多くなくとも、
確実に利益は取れていくわけです。

これも経営手法の一つです。
競合に立ち向かうか、

新たな需要を換気するか、
などはオーナー様、経営者のご判断です。

 

おかげさまで、
民泊・農家民泊人気ランキング 第一位!
にほんブログ村 旅行ブログ 民泊・農家民泊へ

SPONSOR
最新情報をチェックしよう!