和歌山でインバウンド集客・民泊のこと、お気軽にご相談ください。古民家買い取ります。

戸建民泊・簡易宿泊所も差別化が必須。露天風呂は無理で人工温泉なら可能?

写真と本文は関係ありません
写真と本文は関係ありません

◯そもそも人工温泉とは何か?どうやって?

天然温泉とは地中から湧き出す
天然成分の入ったお湯です。
よく見る、あれです。

そして人工温泉とは人工的に温泉成分を
加えたお湯のことです。

日本人にとっては泉質が重要ですが、
外国人にとっては、

露天風呂=温泉
と思っている方もいらっしゃいます。
この辺りはまた別の機会に。

このように説明すると、
人工温泉は簡単に作れるものと思われるかも知れません。

はい、そうです。簡単です。

ただし、一定の条件があります。

自宅のお風呂でしているように
市販の入浴剤などをただお湯に混ぜただけでは
人工温泉として認められていないんです。

人工温泉の条件には、
天然鉱物由来のミネラルを含んだ
薬剤や鉱石を投入することというものがあります。

つまり、ただ薬効のある薬剤を入れればいい
という訳ではなく、

天然鉱物由来の薬効をもつ薬剤

を投入しなければならないということなんですね。
そのような薬剤は多くの場合、
医薬部外品に指定されています。

特定の薬剤や鉱物を入れることで、
療養泉のように天然鉱物由来の薬効が
しっかりと表れたお湯だけが人工温泉として認められるんです。

外国人がイメージする露天にしなくとも、

「特定の薬剤や鉱物を入れる」

ことによって、人工温泉はできるのです。

参考:温泉部 天然温泉とは?人工温泉との違い|表示成分の規定など



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◯民泊・簡易宿泊所も温泉で差別化の時代へ

民泊・簡易宿泊所の運営も、
忘れてはならないのが、「経営」です。

経営の観点からすると、
温泉というツールで集客するのは、
非常にメリットがあります。

一方で、天然温泉を導入しようとすると、
自前でほろうとしたならば、
許可を得るまでの時間と、莫大な費用が・・・

これでは、戸建民泊(簡易宿泊所)では無理ですね。

あとは運搬するという方法もありますが、
これもまた費用や立地などの制約があります。
温泉の権利の売買、そして定期的に出ていく使用料。

経営ですから、こうしたランニングコストが、
じわり、じわり効いてきます。

そこで導入したいのが、
「人工温泉」
なのです。

戸建民泊(簡易宿泊所)でも、
手軽に導入できて、

経営的にも安心な、
ランニングコストほぼ不要。

というスグレモノです。

詳細はまた別の機会に。
もしくは、お打ち合わせの際に。

 

おかげさまで、
民泊・農家民泊人気ランキング 第一位!
にほんブログ村 旅行ブログ 民泊・農家民泊へ

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

【和歌山民泊・簡易宿所の相談窓口】

和歌山の民泊の管理代行、
清掃、鍵の受け渡し、
物件や運営全般のご相談
岩盤浴(天照石)の販売・設置、
家庭用浴槽の人工温泉の販売

080-4347-5500
LINE:@nrd4880x
tanabe7360gakumon(あっと)gmail.com

Google+
https://plus.google.com/u/0/b/110432492316761320374/+GAKUMON

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

SPONSOR
最新情報をチェックしよう!