和歌山でインバウンド集客・民泊のこと、お気軽にご相談ください。古民家買い取ります。

和歌山の民泊(簡易宿泊所)の経験値の積み方とシェアハウスの募集

写真と本文は関係ありません
写真と本文は関係ありません

◯民泊とシェアハウスの相性について

和歌山県内で民泊をしようとする場合、
住宅宿泊事業法の規制はもちろん、
県による条例もあります。

その条例は、
営業日数こそ制限ないものの、
その他の許可条件としては、

全国的に厳しいものです。
そんな厳しい条件をクリアしてまで、
「民泊」をやるのかどうか。

これは、個人の判断、
その人の状況次第ではあります。

簡易宿泊所にしますと、
防火設備は必ずクリアしなければなりませんし。。。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◯民泊と併用する

都心で「民泊と併用・・・」といえば、
「マンスリー」です。

マンスリーマンションと貸し出す一方、
マンスリーの予約が入らない時は、
民泊として運用する。

これは確かに都心であったり、
地方でも大きな工場などの企業の研修施設、
の周りでは有効かもしれません。

なにもない地方ですと、
そもそもマンスリーの需要はありませんから。

では、和歌山などではどうするのか?

それは、シェアハウスと民泊の併用です。
1~2部屋をシェアハウスとして残してく。

その他の部屋は、民泊(簡易宿泊所)にする。
というわけです。

部屋数の割合(比率)は
立地を含めた物件の性質・属性次第です。

もし検討している物件があれば、
アドバイスいたします。

なお、いま2018/04/09現在、

和歌山市駅 近くでシェアハウス募集中

https://jmty.jp/wakayama/est-sha/article-8homp
です。
入居希望・内覧希望はご連絡ください。

満室になっていたら、
ご了承ください。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

2018-05-02 更新しました。
シェアハウスの募集を終了しました。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

 

おかげさまで、
民泊・農家民泊人気ランキング 第一位!
にほんブログ村 旅行ブログ 民泊・農家民泊へ

SPONSOR
最新情報をチェックしよう!